前へ
次へ

不動産売却までの手続き

不動産の売却を決めたら、まず不動産業者へ相談し不動産売却価格を決めます。決めた販売価格で、不動産業者

more

不動産の売却は、良い会社選びで決まる

所有している不動産の売却を考えている方が、まず気になることとは何でしょうか。それは、一体いくらで売れ

more

不動産売却のふたつの選択肢とは。

不動産の売却をする場合には、「買取」と「仲介」といった方法をとるのが一般的です。どちらも不動産屋に依

more

不動産売却のメリットとは

自分が所有している不動産物件を売却することによって、大きな資産というものを手放すことにより、多くの金額を入手することができるということはもちろんのこと、不要な不動産を売却することによって、自分の保有する資産を手放すことにより、ランニングコストとしてかかってくることとなる大きな経費というものを圧縮することにも繋げることとなり、税金面においても非常にメリットの高い事柄とすることができますので、不必要となっている不動産に対しては売却というものを検討することが大切で、手放す際にはその時々の不動産物件が持っている資産価値というものを知ることも重要となり、手放すタイミングによってはより多くのお金を手にすることができます。

予算や希望や相談をヒアリングして東京での住宅購入を一緒に考えます
将来購入した物件をどうするかまでしっかりと考慮した上で、お客様の要望に沿った住まいをご提案します。

多数の建物の補修実績があります
様々な建物を修繕してきたので、最適な修繕方法を提案することができます。

不動産取得税いついて

不動産取得税について詳しくお伝えしたいとおもいます。あまり聞きなれない言葉ですが不動産取得税とはどのような税なのでしょうか。ちなみに不動産取得税は県税事務所の管轄になるので書類などはそちらから送られてきます。私も借土地を購入して賃貸併用の住宅を建設した際に申告が送られてきたことがありました。一応先に収めて後で返金してもらえる方法もあるようです。しかしそれだけだと少し不安なので納付猶予の手続きを先にしておいて、建物の取得税と一緒にけいげんされた土地の税を払う方法にしました。納付書と猶予をうける為にひつような書類準備して、納付猶予の申請をしました。今すぐに払う必要があるのかととても焦りましたがそうではないようです。

Page Top